「ほっ」と。キャンペーン

一人抄読会

syodokukai.exblog.jp
ブログトップ

β-KlothoはFGF21の代謝作用に必須である

Beta-Klotho Is Essential for the Metabolic Actions of Fibroblast Growth Factor 21

Xunshan Ding, Jamie Boney-Montoya, Bryn Owen, David J. Mangelsdorf, Steven A. Kliewer. University of Texas Southwestern Medical Center.

Keystone Symposia:Pathogenesis of Diabetes  Jan 30, 2012 (Poster 134)

FGF21を高脂肪食負荷マウスに投与すると、脂肪肝とインスリン抵抗性が改善され、体重が減少する。 しかし、FGF21が作用を発揮する組織は分かっていない。膜一回貫通型蛋白であるβ-Klothoは、FGF21のco-receptorとしてFGF受容体シグナル伝達に必要であることがin vitroで示されている。このグループは、全身および脂肪特異的β-Klotho欠損マウスを作製した。全身のβ-Klotho欠損マウスでは、FGF21によるインスリン感受性亢進が消失した。脂肪組織でのβ-Klothoも、FGF21の①急性投与によるインスリン感受性亢進と、②慢性投与による肥満・脂肪肝改善に必要であり、褐色脂肪組織における熱産生に関する遺伝子(Dio2、PGC1α、 UCP1、ELOVL3)の発現(慢性効果)に必要であった。FGF21は、①急性には、白色脂肪組織に作用してインスリン感受性を亢進させて血糖を低下させ、②慢性には、褐色脂肪組織に作用して熱産生を亢進させて肥満や脂肪毒性を改善する。
[PR]
by md345797 | 2012-01-31 16:28 | その他