「ほっ」と。キャンペーン

一人抄読会

syodokukai.exblog.jp
ブログトップ

TNFαは正常な脂肪組織の増殖に必要である

Tumor Necrosis Factor-α is Essential for Healthy Adipose Tissue Expansion

Ingrid Wernstedt Asterholm, Qiong Wang, Philipp E. Scherer
Touchstone Diabetes Center, Department of Internal Medicine, University of Texas Southwestern Medical Center

Keystone Symposia:Pathogenesis of Diabetes Feb 2, 2012 (Poster 431)

肥満の脂肪組織とインスリン抵抗性患者は、炎症の増加と細胞外マトリックス(ECM)の構成の過剰および変化が特徴である。健康な脂肪組織の増殖には、正常なECMの調節が必要である。これにおけるTNF-αの役割について検討した。TNF-αの増加は肥満とインスリン抵抗性に関与しているが、TNF-αが欠損すると傷に対する創傷治癒が起こらなくなってしまう。そのためTNF-αは、ECMのリモデリングに重要な役割を果たしていると考えられるが、これが脂肪組織増殖に関わっているかは分かっていない。

さらにこのグループは、脂肪細胞特異的にdominant-negative TNF-αを発現するトランスジェニックマウスを作製した。このモデルでは、全身のノックアウトと異なり、脂肪組織におけるTNF-αの役割を検討することができる。dnTNFマウスは、adpionectinがベースラインで上昇しており、高脂肪食またはob/obマウスとの交配を行っても体重増加が少なく、脂肪量は低下していた。一方でGTTでの耐糖能の低下と脂肪肝の増加を伴い、脂肪組織の線維化が亢進していた。興味深いことに、皮下脂肪において、いくつかのM2-typeマクロファージマーカー、(collagen isoforms、 matrix metalloproteinases、 lysyl oxidase)の発現増加が認められた。このマウスモデルは生理的なECMリモデリングの障害を示しており、健康な脂肪細胞の増殖にはTNF‐αが不可欠であることを示している。
[PR]
by md345797 | 2012-02-03 06:16 | その他