一人抄読会

syodokukai.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新しい非侵襲的集学的イメージング法を用いたdalcetrapibの動脈硬化性疾患に対する安全性と効果

Safety and efficacy of dalcetrapib on atherosclerotic disease using novel non-invasive multimodality imaging (dal-PLAQUE): a randomised clinical trial.

Fayad ZA, Mani V, Woodward M, Kallend D, Abt M, Burgess T, Fuster V, Ballantyne CM, Stein EA, Tardif JC, Rudd JH, Farkouh ME, Tawakol A; for the dal-PLAQUE Investigators.

Lancet. 2011 Oct 29, 378, 1547-1559.

【まとめ】
CETPを調節してHDL-Cを上昇させる薬剤であるdalcetrapibを用いて、非侵襲的集学的イメージングに関する初めての多施設研究を行った。今回のPhase 2b試験では、冠動脈心疾患の、またはそのハイリスクのある合計130名の患者をdalcetrapib群とプラセボ群にランダムに割り付けた。エンドポイントは、24か月後のMRIによる指標(総血管面積、血管壁厚)、6か月後のPET/CTによる評価(左右頸動脈および下降胸部大動脈の炎症)を用いた。MRIによる総血管面積および、PET/CTによる頸動脈の炎症は、はdalcetrapib群で低下していた。Dalcetrapib群では血圧の上昇はなく、他の有害事象もプラセボ群と同様であった。Dalcetrapibは24か月の検討で、動脈壁に病的な影響をもたらさず、総血管拡張の低下など血管に有効な効果をもたらした。今後、dalcetrapibの長期的な安全性と効果が評価されるべきである。

【論文内容】
CETPに対する薬剤はHDL-Cを上昇させるのに有効であるが、以前検討されたCETP阻害薬であるtorcetrapibは血圧増加・血管炎症の亢進によって死亡率の増加が見られた。Dalcetrapib はCETP活性を調節する新たな薬剤でHDL-Cを増加させる。しかし、現在までヒトでの動脈硬化に直接影響するかは不明であった。

MRIおよびPET/CTは血管の形態および炎症を評価するのに有用な技術である。本研究(dal-PLAQUE)において、MRIにより動脈硬化進展や退消といった形態を評価し、PET/CTによって18F-FDGの取り込みによって血管の炎症を評価することが今回の研究の目的である。

130名の24か月追跡したところ、dalcetrapib群でHDL-Cが31%増加、apoA1が10%増加した。また、高感度CRPが33%増加していた。MRIにてdalcetrapib群で総血管面積が少なく、PET/CTにて6か月目の頸動脈の炎症も少なかった。血管拡張(動脈硬化によるりモデリングを表す)はプラセボ群の方が多かった。

非侵襲的集学的イメージングによってdalcetrapib群とプラセボ群を比較したところ、前者で病理学的所見は認めなかった。現在dalcetrapibに関する2つの臨床試験が進行中である。一つはdal-PLAQUE2で動脈硬化を冠動脈IVUSで調べるもの、もう一つはdal-OUTCOMESで心血管疾患の死亡率をによって長期の安全性と効果を検討するものである。
[PR]
by md345797 | 2011-10-29 22:10 | 心血管疾患

長期的な食事パターンと腸内細菌エンテロタイプとの関連

Linking long-term dietary patterns with gut microbial enterotypes.

Wu GD, Chen J, Hoffmann C, Bittinger K, Chen YY, Keilbaugh SA, Bewtra M, Knights D, Walters WA, Knight R, Sinha R, Gilroy E, Gupta K, Baldassano R, Nessel L, Li H, Bushman FD, Lewis JD.

Science. 2011 Oct 7;334(6052):105-8

【まとめ】
食事は腸内細菌叢の構成を調節することによって、ヒトの健康に影響する。このグループでは、食事リストと16S rDNAシークエンシングを用いて、98名の便のサンプルの特徴を検討した。その結果、BacteroidesとPrevotellaの量によって主に区別されるエンテロタイプに分類できた。このエンテロタイプは長期的な食事、特に蛋白と動物性脂肪(Bacteroides)と炭水化物(Prevotella)に強く関連していた。10名で食事を調節した検討を行ったところ、細菌叢は高脂肪/低線維または低脂肪/高線維食を開始して24時間以内に変化を認めたが、10日間の検討でエンテロタイプに変化は見られなかった。したがって、エンテロタイプは長期の食事に関連することが示された。

【論文内容】
最近、腸内細菌叢の特徴を主に3つのタイプ(Bacteroides, Prevotela, Ruminococcus)に分類する「エンテロタイプ」という考え方が提案されている。エンテロタイプの背景因子は不明で、少なくとも国籍、性別、年齢、BMIとは無関係である。このグループでは、98名の健康なボランティアに2種類の食事質問票(RecallとFFQ)を行い、さらに10名には入院させ管理された食事を摂取させた検討(CAFE)を行った。それぞれで便を採取し、16S ribosomal DNAシークエンシングにより細菌叢の特徴を調べた。その結果、脂質と正の相関を示し、線維と負の相関を示したのがBacteroidetesとAcinetobacteriaであり、逆はFirmicutesとProteobacteriaであった。エンテロタイプでは、脂肪が豊富な食事と相関したのはBacteroidesエンテロタイプであり、高炭水化物と相関したのはPrevotellaであった。

次に短期間の食事管理による細菌叢の変化の検討を行った。10名が10日間高脂肪/低線維または低脂肪/高線維食を割り当てられ、便のサンプルから細菌叢の変化を調べた。その結果、24時間以内に腸内細菌の構成に変化を認めたが、個人間の差(エンテロタイプ)には変化が認められなかった。長期的な食事はエンテロタイプと相関しているが、短期的な食事の変化はエンテロタイプを変化させるほどの影響は与えなかった。
ヨーロッパとブルキナファソ(アフリカ)の子供の腸内細菌叢を比較した最近の研究でも、西洋食を食べているヨーロッパの子供はBacteroidesエンテロタイプであり、アフリカの子供はPrevotellaエンテロタイプであることが示されている。
[PR]
by md345797 | 2011-10-27 18:08 | その他